多汗症とわきがの大きな違いについて

多汗症とわきがの大きな違いについて

多汗症とわきがの大きな違いについて

多汗症とわきがには大きな違いがあります。

 

多汗症はその名の通り、汗を多くかく症状を言います。

 

一方、わきがは、アポクリン腺という通常の汗腺とは別の分泌腺から体の外に排出される汗が臭いを発する症状です。多汗症の方は、汗を多くかく事があっても、その臭いはわきがの臭いとは異なります。

 

脇の下に多く汗をかくのは、薄着になったりすると大変気になる事です。

 

特に脇の下だけに多く汗をかく症状を、腋窩多汗症と呼びます。

 

全身に汗を多くかくのは全身多汗症です。

 

夏に暑くて全身に汗をかく、または運動後に汗をかくというのは、正常な生理反応ですので、多汗症ではありません。

 

他の皆が汗をかいていないのに自分だけが汗をかいていたり、緊張すると脇の下に汗を多くかく方は、多汗症を疑った方が良いと思います。

 

多汗症の内でも、精神的な緊張により多く汗をかく方というのは意外に多く、わきの下や手のひらに、汗をかいてしまう多汗症というのがあります。

 

こういった場合、病院で治療して頂くことも可能なようです。

 

一方、わきがについては、体質によりアポクリン腺が多いことがわきがの主な原因です。

 

このアポクリン腺の数というのは、遺伝すると言われています。多汗症との違いは、その特徴的な汗の臭いと言われています。アポクリン腺から出る汗は、濃度が濃く、色も薄くついており、通常の汗とは異なります。

 

当然臭いも、通常の汗と異なる臭いがします。

 

これらを考えると、多汗症の方の汗の臭いの抑制方法と、わきがの臭いの抑制方法は、異なることがわかります。多汗症の方は、多くかいた汗に雑菌が繁殖して嫌な臭いを発するわけですから、肌を清潔に保ち、汗をかいたらこまめにふく、制汗デオドラントスプレー等をつけることが有効と考えられます。

 

わきがの方は、多汗症の方の対策に加え、外科的にアポクリン腺を除去する手術が有効になります。アポクリン腺の数を減らしてしまえば、悪臭の原因となる汗の量を少なくすることができるからです。わきが対策の手術については、美容外科での手術が一般的です。

 

手術の種類もいくつかありますが、一般的には、わきの下を数センチほど切開し、その下のアポクリン腺を取り除く方法が一番多く行われているようです。

 

おすすめの制汗剤はこちら⇒クリアネオ